Learning Languages to Achieve Our Own Goals

People often argue that speaking is the most important for learning languages, blaming traditional education for it has excessive tendency to grammar that is not useful for “practical” usage of languages. I partly agree with them, that is, not completely.

I’d like to discuss the issue from another point of view. At the first place, since we are old enough, we must decide the way to learn by ourselves. Thus, whatever people say, the goal of learning must come from our need not from others’.

I’m wondering if they say the same when they started learning Latin. We can speak in Latin, however it rarely gives us an opportunity to talk with others in it. Which results in that learning Latin is useless? No way. It depends on what you want to achieve.

For instance, learning English only to read classic English literatures can make sense. I’m convinced that THEY don’t make sense if they insist only speaking matters. Aims of learning can be various. Cultivating ourselves is an issue based on our each context.

Well, we’ll see the other point. When people something is “useful” or “practical”, what do they implicate with the words? I guess they don’t understand others’ sense of usefulness or practicalness in reading old books without speaking. In a opposite manner, such others may argue that they don’t care “usefulness” or “practicalness”.

Both of the sides discourage me. Their thought on “usefulness” or “practicalness” is too narrow-minded for me to imbibe. I think their purposes all can be useful or practical in their own context. We must widen the concepts as far as possible. One-sided thinking is useless and non-practical, I’m convinced.


外国語を学んだって話せもしなければ意味がないというひとは多い。そういう人々は、学校教育における文法偏重を非難する傾向にある。曰く、無駄だし、実践的でないと。私はそのことに部分的には賛同するものではある。

ちょっと違う観点から考えてみたい。そもそも、大人たる我々は、何をどうやって学ぶかを自分で決めるべきだ。他人がなんと言おうとも、学ぶことの目的は、我々そのものから発するべきことだろう。

というか、じゃあ冒頭のようなことをいうひとは、ラテン語を学ぶ時にも同じことをいうのだろうか。もちろん、ラテン語でだって話すことはできるだろうけど、それで人と会話ができることはほとんどないだろう。では、ラテン語を学ぶことに意味はないのか?そんなわけはない。それは、何をしたいか次第だ。

例えば、英文学の古典をただ読みたい、それだけのために英語を学ぶことだって意味のあることだ。それなのに、話せるようにならない英語の勉強に意味がないと主張する者は、その者らこそ意味がないことを主張している。目的は様々であり得る。自己を高めることの目的は、その人それぞれなのだから。

ちょっと、違う話をする。人々が「有用だ」とか「実践的だ」とかいう時、それは何を意味しているのだろうか?思うのだけど、多分、そういう人々は、話すこともなくただ本を読むために言語を学ぶことを、有用であるとか実践的であるとか理解することはないのだろう。逆に、別の人々は、そんな「有用性」や「実践性」なんてはなから興味ないというかもしれない。

私はどちらにも共感できない。どちらにしても、その「有用性」や「実践性」への理解が、矮小だと思うから。どんな目的だって有用だったり、実践的であったりし得る。我々に必要なのは、そのようなコンセプトをできるだけ広く捉えることだ。一方的な考えこそが、それこそ有用でもないし、実践的でもないのである。

Leave a Reply